PR
ワープロ「Writer」の画面
ワープロ「Writer」の画面
[画像のクリックで拡大表示]
表計算ソフト「Calc」の画面
表計算ソフト「Calc」の画面
[画像のクリックで拡大表示]
プレゼンソフト「Impress」の画面
プレゼンソフト「Impress」の画面
[画像のクリックで拡大表示]

 オープンソースソフト開発を手がける非営利組織のDocument Foundationは現地時間2013年2月7日、Microsoft Office互換ソフトの最新版「LibreOffice 4.0」をリリースした。日本語を含む各国語に対応したWindows版、Mac OS X版、Linux版をLibreOfficeサイトから無償で入手できる。

 LibreOffice 4.0は、コンテンツ管理システムの相互運用仕様であるCMISをサポートすることで、「Alfresco」「IBM FileNet P8」「Microsoft Sharepoint 2010」「Nuxeo」「OpenText」「SAP NetWeaver Cloud Service」といったコンテンツおよびドキュメント管理システムに対応する。

 DOCXおよびRTF形式ドキュメントとの相互運用性を向上したほか、Microsoft Publisherドキュメントの読み込みが可能になった。Firefoxのテーマ機能などを用いてユーザーインタフェース(UI)をカスタマイズすることも可能。

 また一部のLinuxでは、遠隔操作アプリケーション「Impress Remote Control App for Android」を使って、Android端末からプレゼンテーションソフトのImpressを遠隔操作できる。

 LibreOffice 4.0は新機能の追加やバグの修正、古いライブラリーの削除など、数百万行におよぶコードを追加および削除した結果、「オリジナルとだいぶ異なるコードベースになった」とDocument Foundationは述べている。

[発表資料へ]