PR
画面●Windows Updateで更新プログラムを適用できる
画面●Windows Updateで更新プログラムを適用できる
[画像のクリックで拡大表示]

 日本マイクロソフトは2013年2月13日、Windowsなど同社のソフトウエア製品に関する月例セキュリティ情報と更新プログラム(パッチ)を公開した。Windows Updateなどから更新プログラムを利用できる(画面)。この日公開した更新プログラムは12件で、うち5件は深刻度が最も高い「緊急」だとしている。

 この5件の中で「Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラム」はWindows 8/7を含む多くのWindows OS上で動作するInternet Explorer 6/7/8/9/10のセキュリティ脆弱性を修正する。この更新を適用しないまま、特別に細工されたWebページを閲覧すると、攻撃者によってインターネット経由でパソコンの利用権限を乗っ取られ、リモートでコードが実行される(遠隔操作される)可能性がある。

[日本マイクロソフトの発表資料]