PR

 レッドハットは2013年2月13日、パートナー企業向けにオープンソースソフトウエア(OSS)を活用したソリューション提案ができる技術者を育成する「Red Hat Partner Developer Program」を開始したと発表した。同プログラムに基づく認定技術者「Red Hat Product Specialist」を今後3年間で1万人育成する。

 Red Hat Product Specialistは、「ITインフラソフトウェアスペシャリスト」と「ミドルウェアソリューションスペシャリスト」の2種類がある。ITインフラソフトウェアスペシャリストは、IT基盤のOSS化のための知識を持ち、Red Hat Enterprise Linuxと仮想化を活用したソリューション提案ができる技術者。一方、ミドルウェアソリューションスペシャリストは、アプリケーション基盤のOSS化のための知識を持ち、Java EEアプリケーションサーバーだけでなく、ビジネスプロセス管理(BPM)、ビジネスルール管理などのソリューション提案ができる技術者としている。

 Red Hat Product Specialistとなるには、1~2日間の認定トレーニングを受講し、その後、認定試験に合格する必要がある。費用は1人当たり10万円から。