PR
図●2012年末時点の国内サーバー設置台数 設置場所別構成比。出典:IDC Japan(2013年2月19日)
図●2012年末時点の国内サーバー設置台数 設置場所別構成比。出典:IDC Japan(2013年2月19日)
[画像のクリックで拡大表示]

 IDC Japanは2013年2月19日、2012年末時点における国内のサーバー設置台数(インストールベース)が273万7000台だったと発表した。2011年末時点の276万3500台から1%に当たる2万6600台の減少となった。

 設置台数が減少した背景としてIDCでは、ユーザー企業におけるサーバー集約や、ITリソースを所有するのではなく利用するケースが増え、サービス事業者におけるサーバーリソースの利用効率が向上したこと、また企業の合併や倒産、営業拠点の減少などを挙げている。

 サーバーの設置場所としては、事業者データセンターが全体の36%で98万4300台、企業内データセンターが40.8%で111万6200台、データセンター外が23.3%で63万6500台とIDCは試算している()。

 事業者データセンターとは、顧客へのサービス提供のために必要なインフラとして建設されたもので、データセンターサービス事業者、コンテンツ配信事業者、ネットワークサービス事業者などが含まれる。企業内データセンターとは、各企業がプライベートに所有し、IT部門がサーバーやストレージ、ネットワーク機器などの調達権限を持ってコントロールしているもの。また、データセンター外とは、独立したマシンルームを持たず、オフィススペースや店舗のバックヤードなどに設置されているものを指す。

 設置場所別に増減をみると、事業者データセンターの設置台数は、2011年末時点の94万5600台から4%増加した。一方、企業内データセンターは2011年末時点の115万400台から3%が減少、データセンター外では同66万7500台から4.6%減少した。