PR

 米Microsoft傘下の米Yammerは現地時間2013年2月20日、Microsoft製品との連携強化に関して明らかにした。今夏をめどに、企業向けオンラインストレージサービス「SkyDrive Pro」やWeb版オフィスアプリケーション「Office Web Apps」との統合を提供するとしている。

 Yammerは米PayPalの元最高執行責任者(COO)であるDavid Sacks氏が2008年9月に立ち上げた企業向けSNS。組織内のコラボレーションに焦点を当てて設計しており、Fortune 500企業の85%が採用し、20万社以上が導入しているという。2012年7月19日にMicrosoftによる買収手続きが完了し、Microsoft Office部門の一部となった(Yammerの公式ブログ)。

 Microsoft製品との連携強化により、YammerユーザーはSkyDrive Proにファイルを保存し、Office Web Appsを用いてYammerのフィード内から直接ファイルをプレビューしたり編集したりできるようになる。

 またYammerは、同社が昨年大幅な成長を遂げ、特にMicrosoftに買収されて以来急速に伸びているとして、2012年の業績を報告した。

 2012年2月~2013年1月の年間売上高は前年度の3倍近く増加し、特に第4四半期(2012年11月~2013年1月)は好調で前年同期の4倍に成長した。2012年に有償版の顧客が165%増加し、登録ユーザー数は700万人を突破した。第4四半期における有償版の新規顧客は290社にのぼり、業界は金融関連から専門サービス、医療、製薬、小売り販売などさまざまに広がっているという。

[発表資料へ]