PR
Breakthrough Prizeのシンボル
Breakthrough Prizeのシンボル
[画像のクリックで拡大表示]

 米IT企業リーダーなどが創設した財団Breakthrough Prize in Life Sciences Foundationは現地時間2013年2月20日、生命科学分野の研究者を表彰する「Breakthrough Prize」を発表した。受賞者には、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を研究している京都大学の山中伸弥教授を含む11人が選ばれた。

 Breakthrough Prize財団は、米Genentechの元最高経営責任者(CEO)で現在Genentech会長と米Apple会長も務めるArt Levinson氏、米Facebook設立者で会長兼CEOのMark Zuckerberg氏とその妻Priscilla Chan氏、米Google共同設立者のSergey Brin氏とその妻Anne Wojcicki氏、ロシアMail.ru Group設立者で著名な投資家のYuri Milner氏が共同で出資し、難病の治療に役立つ研究を支援する目的で創設された。

 11人の受賞者にはそれぞれ300万ドルの賞金を贈る。Zuckerberg氏は、「この分野では最高額の賞金」だとしている。ちなみに山中氏が昨年獲得したノーベル賞の賞金は、2012年から800万クローナ(約120万ドル)に設定されている。

 Breakthrough Prize財団は今後五つの年間賞を選定していく計画で、今回の受賞者11人は選考委員を務めることで合意している。選考過程を透明性の高いものにするため、誰でもオンラインで候補者を推薦できるシステムにするという。

[発表資料へ]