PR

 米IDCは現地時間2013年2月21日、パソコン、タブレット端末、スマートフォンを合わせた「スマートコネクテッドデバイス」市場に関する調査結果を公表した。

2012年のスマートコネクテッドデバイスの世界出荷台数をメーカー別に見ると、韓国Samsung Electronicsが2億5000万台で、米Appleを抜いてトップとなった()。2位となったAppleの出荷台数は2億1870万台。中国Lenovo Group(聯想集団)が7830万台でこれに次ぎ、この後、米Hewlett-Packard(HP)の5820万台、米Dellの3880万台が続いた。

表●2012年のスマートコネクテッドデバイス市場におけるメーカー別シェア
出所:米IDC。単位は100万台
ベンダー出荷台数(2012年)市場シェア(2012年)出荷台数(2011年)市場シェア(2011年)対前年比増
1. Samsung25020.80%11412.30%119.30%
2. Apple218.718.20%151.516.30%44.30%
3. Lenovo78.36.50%48.55.20%61.40%
4. HP58.24.80%63.66.80%-8.50%
5. Dell38.83.20%44.64.80%-12.90%
その他557.146.40%508.154.60%9.60%
合計1201.1100.00%930.4100.00%29.10%

 2012年第4四半期(10~12月期)のスマートコネクテッドデバイスの総出荷台数は3億6770万台で、前年同期から28.3%増加した。これにより2012年の年間総出荷台数は12億110万台となり、前年から29.1%増加した。デスクトップパソコンとノートパソコンは前年比でそれぞれ4.1%と3.4%減少したが、タブレットが同78.4%増と急増し、スマートフォンも同46.1%増と大きく伸びた。スマートフォンのスマートコネクテッドデバイス全体に占める出荷台数の割合は前年の53.1%から60.1%に拡大した()。

図●米IDCが発表した2012年のスマートコネクテッドデバイスの構成比
図●米IDCが発表した2012年のスマートコネクテッドデバイスの構成比

 Samsungの出荷台数は前年の1億1400万台から2.2倍に拡大しており、伸び率でもLenovo(61.4%増)やApple(44.3%増)を大きく上回っている。Samsungはスマートフォンが好調に推移し、同社のスマートコネクテッドデバイス全体の伸びをけん引した。一方でAppleはタブレット分野で業界トップだったが、ノートパソコンでは8位、デスクトップパソコンでは5位だった。

 IDCによると、3位のLenovoの強みは依然としてノートパソコン。Lenovoは2012年に約3000万台のノートパソコンを出荷した。だが同社のスマートフォン出荷台数は前年から6.4倍の2370万台に伸びており、Lenovoはこの分野で台頭してきたという。

 4位のHPと5位のDellの出荷台数は、前年からぞれぞれ8.5%と12.9減少しており、上位5社で前年割れとなったのはこの2社のみ。いずれもスマートフォンとタブレットの分野で存在感を示せず苦戦しているとIDCは指摘している。

 なおタブレット端末の平均単価は2012年に15%下がり、461ドルとなった。IDCは2013年もタブレットの平均単価の下落傾向が続くと見ている。一方スマートフォンの平均単価は408ドルで、依然としてタブレットを下回っている。

[米IDCの発表資料]