PR
写真●Nokiaの低価格スマートフォン「Asha」向けにLINEを提供
写真●Nokiaの低価格スマートフォン「Asha」向けにLINEを提供
[画像のクリックで拡大表示]

 NHN Japanは2013年2月26日、運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE(ライン)」に関して、フィンランドNokiaと戦略的業務提携を結ぶことを発表した。Nokiaの低価格スマートフォン「Asha(アシャ)」(写真関連記事)向けにLINEを提供する。

 Asha版LINEを開発し、3月中に「Nokia Store」で提供開始する予定だ。当初は1対1トーク、グループトークやスタンプなどの基本機能を盛り込み、その後、継続的に機能を追加する。

 LINEの利用者数は日本や欧州などの先進国を中心に1億人を突破している(関連記事)が、北米やその他の新興国ではまだ普及率が低い。提携を足掛かりに、Ashaの注力市場である東南アジアや中南米、中東、アフリカなどの新興国でLINEを普及させる狙いがある。

 スペイン・バルセロナで開催中の「MWC(Mobile World Congress)2013」(特番サイト)のNokiaブースで、開発中のAsha版LINEを展示する。バルセロナを訪問中の森川亮NHN Japan代表取締役社長は、「Nokiaというグローバルプレイヤーと提携することで、LINEは戦略的な新規マーケットを開拓できるとともに、グローバルプラットフォームとしてのプレゼンスを高められると考えている」というコメントを出した。

[NHN Japanの発表資料]