PR
図 CM連動キャンペーンにおけるスマホ画面のイメージ
図 CM連動キャンペーンにおけるスマホ画面のイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 日本テレビ放送網は2013年2月26日、ソーシャルテレビ視聴プラットフォームアプリ「wiz tv」を活用した新しいキャンペーン「SCRATCH TIMEキャンペーン ~その瞬間を捕まえろ!~」を同日に開始したと発表した。

 テレビ音声認識技術を活用し、テレビCMなどの音声に連動するスマートフォン広告を展開する。こうした試みは「日本テレビとして初めて」という。

 今回のキャンペーン期間中(2月26日から3月14日まで)に、東方神起のニューアルバム「TIME」のテレビCM音声を、スマートフォンにインストールしたアプリ「wiz tv」でキャッチすると、スクラッチカードが画面上に現れる。スマホ上でそのカードを指でこすると、その場で当たりか外れかの結果が分かる(図)。日本テレビの情報番組「スッキリ!!」の2月のエンディングテーマソングである東方神起の「In Our Time」の音声を「wiz tv」でキャッチしても、同様にスクラッチカードが現れる。

 今回の仕組みは、「さまざまな番組企画や広告キャンペーンで応用可能」という。日本テレビは今後、「リアルタイム視聴への誘因を図るだけでなく、O2O(オンライン ツー オフライン)ビジネスと言われるような新しい広告体験や新しいビジネス、そしてテレビを基点としたO2O2O(オンエアー ツー オンライン ツー オフライン)を創出していく予定」としている。

[発表資料へ]