PR
画面●Windows 7用IE10のダウンロードサイト
画面●Windows 7用IE10のダウンロードサイト
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftは2013年2月26日(現地時間)、Windows 7用の新しいWebブラウザー「Internet Explorer 10(IE10)」を、日本を含む全世界で正式に提供開始した(画面)。IE10はWindows 8では標準搭載されており、普及率が高いWindows 7向けにもIE10を新たに提供することになる。

 Windows 7用IE10は動作パフォーマンスの向上を図っており、Webサイト閲覧時の速度は従来比で20%程度の向上を期待できるという。また、最新のWeb技術に対応し、「CSS3」や「HTML5」といった新しいWeb標準仕様への適用度を高めている。

 利用者のプライバシーにも配慮。Chromeなど競合Webブラウザー(関連記事)と同様に、Webサイト運営者による利用者の行動追跡を防止する「Do Not Track(DNT)」オプションを実装している。

 Windows 7用IE10は当面の間、MicrosoftのWebサイトから直接ダウンロードして利用できる。いずれWindows Updateの自動更新機能を介してIE10をインストールできるようにする予定だ。IE9以前のWebブラウザーでなければ動作しないアプリケーションを利用している企業ユーザー向けに、「自動配布の無効化ツールキット」も用意した。

[Microsoftの発表資料(英語)]
[Internet Explorer 10(日本語)]
[Internet Explorer 10 自動配布の無効化ツールキット]