PR
写真●iPhone版の画像処理アプリケーション「Photoshop Touch」
写真●iPhone版の画像処理アプリケーション「Photoshop Touch」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Adobe Systemsは現地時間2013年2月27日、タブレット端末向け画像処理アプリケーション「Photoshop Touch」をスマートフォン向けに最適化した「Photoshop Touch for Phone」を発表した。米Appleの「iPhone」スマートフォンや、米Googleの「Android」を搭載したスマートフォンで利用できる(写真)。

 Photoshop Touchは、パソコン向け画像処理ソフトウエア「Adobe Photoshop」の中核機能とモバイル端末のタッチ体験を融合させたアプリケーションで、これまでタブレット端末向けに提供していた。

 Photoshop Touch for Phoneは、レイヤーや選択ツール、フィルター、色補正といったPhotoshopの主要機能をはじめ、各種エフェクトなどを備える。手軽に画像を組み合わせられる「Scribble Selection」機能、髪の毛などの選択しにくい画像要素も正確に扱える「Refine Edge」ツールなども提供する。「Camera Fill」機能では、デバイスのカメラを活用して、レイヤーの一部領域を塗りつぶすことができる。最大1200万ピクセルのレイヤー付き画像の編集が可能。

 Adobeのクラウドサービス「Creative Cloud」のオンラインストレージを無償で2Gバイト利用でき、作成した画像は自動で同期される。Photoshop Touch for Phoneの作品は、タブレット端末のPhotoshop Touch、およびパソコンのPhotoshopでも編集できる。

 Photoshop Touch for Phoneは、Apppleの「App Store」およびGoogleの「Google Play」で販売を開始している。価格は4.99ドル。「iOS 6.0」以降を搭載した「iPhone 4S」「iPhone 5」「iPod touch(第5世代)」と、「Android 4.0」以降を搭載したスマートフォンに対応する。

[発表資料へ]