PR
写真●サーバーサイド・フラッシュ「XtremSF」の外観
写真●サーバーサイド・フラッシュ「XtremSF」の外観
[画像のクリックで拡大表示]

 EMCジャパンは2013年3月7日、フラッシュメモリーを活用した製品群を発表した。サーバーに拡張カードとして導入して利用するサーバーサイド・フラッシュ、フラッシュメモリーのみを搭載するオール・フラッシュ・アレイなどを「EMC Xtrem(エクストリーム)」ファミリーという名称で展開。同日、コスト効率を高めたサーバーサイド・フラッシュ新製品の国内販売を開始した。

 今回、発表した「EMC Xtrem」ファミリーは、サーバーサイド・フラッシュ「XtremSF(エクストリームエスエフ)」、サーバーサイド・フラッシュ用ソフトウエア「XtremSW Cache(エクストリーム・ソフトウェア・キャッシュ)」、オール・フラッシュ・アレイの「XtremIO(エクストリーム・アイオー)」で構成される。

 XtremSFはサーバーのPCIeバスに導入して利用する。XtremSW CacheはXtremSFをネットワークストレージのキャッシュ(一部はローカルストレージも可)として利用するためのソフトウエア。既に提供している「VFCache」の名称を変更して品ぞろえを強化した。XtremSFはVFCacheのハードウエア部分に、XtremSW Cacheはソフトウエア部分に相当する。

 XtremSFには、VFCacheという名称のときから提供しているSLC(シングルレベル・セル)という高速なフラッシュメモリーを活用した製品(容量は350Gおよび700Gバイト)が含まれる。さらに今回、eMLC(エンタープライズ・マルチレベル・セル)というコスト効率が高いフラッシュメモリーを利用した製品(容量は550G~2.2Tバイト)を追加した。3月7日から容量550Gおよび2.2Tバイトの製品の販売・出荷を開始。700Gと1.4Tバイトの製品も近日中に販売する。容量550Gバイトの製品の標準提供価格は、91万1880円。

 XtremSW Cacheは重複排除機能などの機能を備えるソフトウエア。2013年前半に発表する次期版では機能を強化して、Oracle RACのように複数のサーバーが同時に稼働するクラスター環境で利用できるようにする。

 オール・フラッシュ・アレイのXtremIOは、複数の筐体を連結することで性能と容量を拡張するスケールアウト型の企業向けストレージ製品である。データ保管の効率を高めるシンプロビジョニングや重複排除、ヴイエムウェアの仮想化ソフトウエアの専用インタフェースである「VAAI」などを備える予定。製品は開発中で販売・出荷開始の時期は明らかにされなかった。