PR

 楽天のクチコミ就職情報サイト「みんなの就職活動日記」と日経コンピュータ、日経BPイノベーションICT研究所は2013年3月18日、ITベンダーやネットサービス企業を対象に調査した「IT業界就職人気ランキング」を発表した。大手メーカーの人気に陰りが見える一方で、システムインテグレータやコンサルティング会社の人気が再び高まってきている。

 本調査は2014年3月卒業予定の学生を対象に、2012年12月12日から2013年2月11日まで実施。1577人から回答を得た。学生は就職志望の企業を7社以上10社まで複数回答し、その回答件数を単純合計したものが総合ランキングである。

 総合ランキングの1位はNTTデータだ()。獲得票数は741票で、2位のNTTコミュニケーションズに倍近い差をつけた。NTTデータは調査開始以来4年連続での1位で、絶大な人気を維持している(関連記事:2013年3月卒・IT業界就職人気ランキング)。

表●2014年3月卒業予定の学生による「IT業界就職人気ランキング」(総合ランキングのトップ10)
調査実施:楽天「みんなの就職活動日記」/日経コンピュータ/日経BPイノベーションICT研究所
総合順位社名(獲得票数)
1位NTTデータ(741票)
2位NTTコミュニケーションズ(393票)
3位野村総合研究所(356票)
4位楽天(303票)
5位アクセンチュア(302票)
6位富士通(299票)
7位伊藤忠テクノソリューションズ(281票)
8位日本ユニシス(278票)
9位SCSK(271票)
10位ヤフー(262票)

 4位以降は接戦だ。4位の楽天と5位のアクセンチュアは1票差、同社と6位の富士通は3票差、7位の伊藤忠テクノソリューションズと8位の日本ユニシスも3票差など、わずかな票差が続く。アクセンチュア(5位)、日本ユニシス(8位)、SCSK(9位)がトップ10に入ったのは、調査開始以来初めてのことである。

 コンサルティング会社やシステムインテグレータが順位を上げる一方で、前年よりも人気を落としたのが大手ITメーカーである。前回2位の富士通は6位、前回6位のNECは11位とトップ10入りを逃した。ほかにも日立製作所は前回13位から16位へ、日本IBMは7位から23位へ落ちた。

 11位から100位までの総合ランキングは、日経コンピュータ2013年3月21日号と、「みんなの就職活動日記」のWebサイトで公表する。このほか日経コンピュータ本誌では、企業分野別、志望理由別、志望職種別、独立・起業志向別などの人気ランキングも掲載する。