PR
写真●Google Readerにアクセスすると、サービス停止予告が表示される
写真●Google Readerにアクセスすると、サービス停止予告が表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは2013年3月13日(現地時間)、RSSリーダー「Google Reader」などの提供を停止すると発表した。ユーザーが減少しているサービスを停止し、選択と集中を進めるためとしている。Google Readerは2013年7月1日に終了する。購読リストデータは同社のページからダウンロードして他のRSSリーダーで使用できる。

 Googleが同社の公式ブログで「2回目の春の大掃除」と題する投稿で明らかにした。2011年春の大掃除に続くものとしている。同時に、以下のサービスの停止を発表した。

・GUI Builder and five UiApp widgets

 2013年9月16日に終了する。Apps Scriptに集中するためとしている。

・CalDAV API

 2013年9月16日に終了する。代替としてGoogle Calendar APIを使用するよう推奨している。

・Google Building Maker

 Google Earthとマップの3次元建造物モデルを作ることができるサービス。Google Map Makerは引き続き提供する。

・Google Cloud Connect

 Windows PCでMicrosoft OfficeファイルをGoogleドライブに自動保存するプラグイン。2013年4月30日に停止する。

・Google Voice App for Blackberry

 来週サポートを終了する。HTML5アプリの使用を推奨している。

・Search API for Shopping

 2013年9月16日に停止する。

・Snapseed Desktop for Macintosh and Windows

 アップデートを停止する。今後iOSとAndroid上でSnapseedのアプリを提供していくとしている。

[Google公式ブログの投稿]