PR
図1●BYODを実現する4つの成功要因
図1●BYODを実現する4つの成功要因
[画像のクリックで拡大表示]

 法人向けにMDMなどを提供するアイキューブドシステムズは2013年3月14日、「BYODガイドライン2013」を公開した。同社のWebサイトから無料でダウンロードできる。

 BYODガイドライン2013は、私有端末を業務に活用するBYOD(Bring Your Own Device)を導入するためのポイントを14ページのガイドラインとしてまとめたもの。同社のパートナーとの話し合いや、4500社以上のユーザー企業への導入で得た知見に基づいているという。

 このガイドラインでは、BYODを実現するための成功要因として、「デバイスの利用用途を決定する」「守るべき情報の範囲を決定する」「運用方針を決定する」「展開方法を決定する」の4つを挙げ、それぞれについて具体的な手順を解説している(図1)。

 例えば、「デバイスの利用用途を決定する」では、スマートデバイスをどのような業務に利用するのかを確認するチェックシートが付けられている。また、「運用方針を決定する」では、同社の製品を例にした運用イメージを挙げている。

[発表資料へ]