PR

 WOWOWの代表取締役社長の和崎信哉氏は2013年3月14日の会見で、WOWOWのコンテンツに関心を持つ人を対象にしたWebページを開設すると述べた。WOWOWと放送契約を結んでいない未加入者もWOWOWの一部コンテンツの映像を視聴できるようにする。

 開設時期は2013年度第1四半期中を予定する。和崎氏は、放送契約を結んでいないがWOWOWのコンテンツに関心を持っている人を「ビジター会員」としたうえで、「例えばWebページでお薦め番組を表示できるようにするなどして、ビジター会員とのコミュニケーションの活性化を図りたい」と意欲を見せた。

 このほかにショートドラマを題材にしたゲーム開発を進めていることも報告した。放送とは別に、ゲームの形でも視聴者がドラマの世界観を味わえるようにする。ゲームの提供開始までの準備は、「もう最終コーナーに入っている」という。放送以外のエンターテインメントの分野に参入し、事業領域の拡大を目指す。

 今回の会見では、2013年3月30日に視聴者を招いてテニスレッスンを実施することもと発表した。当日はレッスンの様子を撮影し、後日Webサイト上で動画を公開する。WOWOWはテニスマガジンと共同で「THE TENNIS DAILY」というテニス専門サイトを運営している。今回のテニスレッスンは、Webサイト上のバーチャルなサービスとリアルなサービスを連携させて提供する取り組みの一環である。「参加者やWebサイト上で動画を視聴した人などの反応を見たうえで次のステップを開発していきたい」とした。