PR
写真●イトカワの大きさを実感できる「栽培☆すくすくイトカワ」
写真●イトカワの大きさを実感できる「栽培☆すくすくイトカワ」
[画像のクリックで拡大表示]

 2013年3月24日、「JAXA Open API 2013」の最終報告会が日本科学未来館で開催された。JAXA Open API 2013は、JAXA(宇宙航空研究開発機構)Open API Project Teamが主催するアプリ開発イベントで、多摩美術大学と東京工科大学の学生が、小惑星探査機「はやぶさ」のデータを使ったアプリを開発した。

 午前中に行われた報告会の後、未来館の会場で学生の作品が展示された。作品には、小惑星「イトカワ」に(仮想的に)水をあげると表面に世界遺産や有名な建造物が現れイトカワの大きさを実感できる「栽培☆すくすくイトカワ」(写真)や、はやぶさの軌道を体験できる「ドキドキ★はやぶさの旅」、イトカワ表面上でのライフゲーム「Conway's Game of Life on Itokawa」、はやぶさの軌道データを利用した照明「Cosmic Light」など多種多様な作品が展示された。

 作品展示は、3月30日と31日の両日にも行われる予定である。