PR
写真●強化された写真機能
写真●強化された写真機能

 米Googleは現地時間2013年3月25日、独自SNS「Google+」のiOSおよびAndroid向けアプリケーションの新版を公開した。コミュニティー機能を追加したほか、iOS版では写真機能を強化(写真)し、Android版では投稿閲覧の向上を図った。

 iOS向けアプリケーションの新版には、Googleが昨年9月に買収した米Nik Softwareの写真加工/共有アプリケーション「Snapseed」の一部機能を組み込んだ。写真を投稿・共有する際に、トリミング、回転、フィルター適用、コントラストや輝度調整といった編集が行える。

 Android向けアプリケーションの新版は、ストリームのデザインを変更し、投稿を閲覧する画面で見られるメッセージやコメントの文字数を増やした。「+1」付加や共有、コメントといった主要な機能のボタンを目立つように配置し、インラインで写真アルバムをスワイプしながら次々に画像を眺められるようにした。

 また、プロフィール上に現在地を表示できるようになった。現在地表示を有効にした場合、共有範囲のユーザーを指定できる。

 iOSとAndroid向けアプリケーションともに、新たなコミュニティー機能により、ストリームに表示する投稿数をコミュニティーごとに制御したり、友達をコミュニティーに招待したり、投稿をコミュニティーと再共有したりできる。

 iOS向けアプリケーションは米Appleの「App Store」から、Android向けアプリケーションは米Googleの「Google Play」から、いずれも無償でダウンロード可能。

[発表資料へ]