PR

 エフエム東京は2013年4月3日、竹田印刷の子会社でセールスプロモーション支援などを行う共同販促、およびクワトロメディアと共同で、放送波を用いた電子チラシの配信実験を福岡市で4月4日に行うと発表した。

 受信側は、USB型V-Lowマルチメディア放送受信チューナーと接続した一般のタブレット端末を使う。開発したV-Low受信アプリ(プロトタイプ)をインストールし、受信・表示する。実験では、時間帯別のプッシュ配信や、チラシに記載されている以上の詳細情報をメタデータで送信する機能などを検証する。

 実証実験を踏まえて、実用性やビジネスモデルを検証し、V-Lowマルチメディア放送でのビジネス化を目指すという。

 なお、クワトロメディアは、2013年3月1日に同社の全株式を日本デジタル配信が取得して、子会社化している(日本デジタル配信の発表資料へ)。

[発表資料(PDFファイル)へ]