PR
写真●FacebookのAndroid向けモバイルアプリ「Home」
写真●FacebookのAndroid向けモバイルアプリ「Home」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Facebookは現地時間2013年4月4日、新たなAndroid向けモバイルアプリケーション「Home」を発表した。4月12日から公開し、プリインストールしたデバイスも発売する。同社はHomeを「スマートフォンでもなくモバイルOSでもない。そして単なるアプリケーションでもない。人々を通して世界を眺められるまったく新しい体験」と説明している。

 同社を巡っては以前から独自スマートフォンを開発中との噂があり、メディアに送った同日イベントの招待状に「Android上の新しい家(Home)を見に来てください」とあったことから、自社ブランドのスマートフォンを発表するとの憶測が高まっていた(関連記事:Facebook、独自のスマホを発表か、4月4日にイベントを開催、米メディア報道)。

 Homeでは、スマートフォンを起動すると通常のロックおよびホーム画面に代わって「Cover Feed」が表示される。友達が投稿した写真や共有したコンテンツが画面全体に表示され、左右のフリップで別の投稿を閲覧でき、2回タップすることで「いいね!」の付加などが行える。

 「Chat Heads」と呼ぶチャット機能では、別のアプリケーションを使っていたり、Webページを開いたりしている時でも、友達からFacebookメッセージやSMSメッセージが届くと、画面上にその友達のプロフィール画像アイコンとメッセージ内容が表示される。

 友達から直接タイムラインに投稿があった場合などは、「Notifications」機能によりその友達の画像アイコンとアクティビティの概要が画面に表示される。画像アイコンをタップして詳細を確認するか、ひとまずスワイプでアイコンを消して、あとで確認することもできる。

 さまざまなアプリケーションにアクセスするには、画面下部に表示されている自身の画像アイコンをタップして「Apps」ランチャーを開く。Appsには好きなアプリケーションを手軽に追加できる。

 Homeは米Googleの「Google Play」を通じて4月12日に提供を開始する。台湾HTCの「HTC One X」「HTC One X+」およびHTC One将来版と、韓国Samsung Electronicsの「GALAXY S III」「GALAXY Note II」「GALAXY S4」に対応する。

 またHTCは、Homeをプリインストールした新しいスマートフォン「HTC First」を4月12日に米国投入し、夏にはフランスと英国でもリリースする。米国では米AT&Tが独占的に販売し、2年契約を結んだ場合の価格は99.99ドルとなる。

 米メディアの報道(InfoWorld)によると、タブレット端末に最適化したHomeも開発中で、数カ月後にリリースする計画という。米Appleの「iOS」への対応について質問を受けたMark Zuckerberg最高経営責任者は、「当社の目標はできる限りHomeをより多くの異なるデバイスで利用可能にすること」としながらも、「iOSはAndroidほどオープンではなく、より制約のあるシステムだ」と答えた。

[発表資料(Facebookのプレスリリース)]
[発表資料(HTCのプレスリリース)]
[発表資料(AT&Tのプレスリリース)]