PR
写真1●携帯電話大手3社の純増数推移
写真1●携帯電話大手3社の純増数推移
[画像のクリックで拡大表示]

 携帯電話大手3社は2013年4月5日、2013年3月末時点の携帯電話契約数を発表した。新規契約から解約を差し引いた純増数は、ソフトバンクモバイルが66万700件と15カ月連続の首位(写真1)となった。2位のKDDI(au)は51万1900件、3位のNTTドコモは41万7400件の純増だった。

 ソフトバンクモバイルは引き続き、iPhone 5が好調。「PhotoVision」をはじめとした通信モジュールも純増に大きく貢献しており、通信モジュールの純増数はNTTドコモの7万4300件、KDDIの3万4000件に対し、ソフトバンクモバイルが18万8000件と突出している。

 KDDIも、同社指定の固定回線とスマートフォンのセット契約で料金を割り引く「auスマートバリュー」が好調。3月は同社の光回線の新規契約に占める契約率が5割を突破した。スマートフォンの新規契約に占める契約率も4割を超えているという。

 NTTドコモは、主力の「XPERIA Z SO-02E」が好調。ソニー・コンピュータエンタテインメントが2月末に携帯型ゲーム機「PlayStation Vita」のWi-FiモデルとWi-Fi/3Gモデルをともに1万9980円に値下げしたことにより、3月はプリペイド契約の純増数も6万4100件と増えた。