PR

 富士通は2013年4月8日、クラウドサービス事業者である仏RunMyProcessの全株式を取得することで合意したと発表した。RunMyProcessは、パリに本社を置く2007年創業のベンチャー企業。クラウドやオンプレミス上の様々なサービスを組み合わせてシステム構築する「iPaaS(インテグレーション・プラットフォーム・アズ・ア・サービス)」を提供している。今回の買収により、富士通は同iPaaSをクラウドサービス群に加え、クラウド事業の強化を図る。

 RunMyProcessは、社名の「RunMyProcess」のサービス名称でiPaaSを提供しており、45カ国300社以上の顧客利用実績や、25カ国53社のクラウドインテグレーターとの協業実績がある。

 同買収について、富士通 執行役員常務の山中明氏は、「クラウドとお客様環境に存在するサービスや資産を組み合わせることができる新しい付加価値を当社クラウドサービスに追加したことは大きなステップであり、グローバルなクラウド市場における当社の地位をさらに向上させるものとなる」とコメントしている。