PR
「LIMIX DMC-GF6」
「LIMIX DMC-GF6」
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは、Wi-FiやNFC(near field communication)機能を内蔵したマイクロフォーサーズ規格のデジタル一眼カメラ「LIMIX DMC-GF6」を2013年4月24日発売する。スマートフォンと連携して、撮影した写真の転送などができる。価格はオープン。

 同社のミラーレス一眼では初めてWi-FiとNFC機能を搭載。Wi-Fiを通じて撮影した写真や動画をスマートフォンから遠隔操作で撮影したり、スマートフォンに撮影データを保存したり、SNSへ投稿したりできる。スマホ側にアプリ「Panasonic Image App」(iOS/Android用)が必要。また、NFC機能では、対応のAndroid端末とタッチするだけでWi-Fiの初期設定や共有したい写真を転送できる。

 撮像素子は有効1600万画素のLive MOSセンサー。新開発の画像処理エンジンとローライトAFと合わせ、暗所での撮影を強化した。拡張設定による最大感度はISO 25600。起動時間は0.5秒と高速。新しく採用した104万ドット対面チルト式タッチパネル液晶(静電容量方式)でタッチ操作に対応し、自画撮りも可能。

 シーン判別機能の「おまかせiA」には、料理認識を追加。エフェクト機能も強化し、コマ撮りアニメ機能も搭載した。本体色は「ホワイト」「レッド」「ブラック」の3種類。フル充電でCIPA規格約340枚の撮影が可能。本体寸法は幅111.2×高さ64.8×奥行き38.4mm、重さは約323g(バッテリー、メモリーカード込み)。

 予想実売価格は、ボディ単体が5万5000円前後。新標準ズームレンズ「LUMIX G VARIO 14-42mm / F3.5-F5.6 II ASPH. / MEGA O.I.S.」と望遠ズームレンズ「LUMIX G VARIO 45-150mm / F4.0-5.6 ASPH./ MEGA O.I.S.」とのセットが8万5000円前後。電動標準ズームレンズ「LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./ POWER O.I.S.」とのセットが8万円前後。