PR

 ユニアデックス子会社のエス・アンド・アイは2013年4月11日、法人向けのクラウドストレージサービス「sactto!ファイリング」(サクットファイリング)の提供を開始した。ブラウザー経由でファイルをアップロード/ダウンロードできるほか、Dropboxのようにクラウドストレージとローカルストレージを同期する機能も使える。月額料金は1ID当たり945円(税込み)で初期費用は不要だ。

 このサービスはソフトバンクBBなどの営業代理店を通じて契約した法人ユーザーだけに提供する。過去に存在した容量無制限のクラウドストレージでは、大量にデータを利用する個人ユーザーの存在でサービスを撤退するケースもあった。「クレジットカードの登録だけでは使えない。必ず代理店を経由するので乱用は防げると考えている」(エス・アンド・アイ広報)。

 ブラウザーを通じたファイルのアップロード/ダウンロードはWindows、Mac OS、iOS、Android、Windows RTなどほとんどのOSやデバイスに対応する。ローカルと同期する機能はWindowsとMac OS Xで提供する。現在、iOSについてApp Storeへの登録を申請中だ。Androidも準備中としている。

 WindowsとMac OS Xはファイルを完全に同期するのに対し、iOSとAndroidはディレクトリ情報のみを同期させて、ファイルは選択するたびにダウンロードする仕様だ。スマートデバイスのストレージ容量が限られていることへの対処である。

 法人のファイルサーバー代わりの利用も想定している。ユーザーの管理者はIDごとに権限を付与して、アクセス可能なファイルや操作権限を制御できる。全ファイルについて1日1回バックアップを取得し、過去14日分のバックアップを残す。必要に応じて、ファイル単位で過去のデータを復元できる。加えて、削除したファイルも過去30日分を保存でき、ゴミ箱から復元できる。