PR
写真1●2013年4月13日に行われた第12回Morning Pitch
写真1●2013年4月13日に行われた第12回Morning Pitch
[画像のクリックで拡大表示]

 毎週木曜日の朝7時、ベンチャー数社がベンチャーキャピタリストなどに向けて事業モデルやサービス概要を発表するイベントがある。野村證券、トーマツベンチャーサポート、Skyland Venturesが主催し、「次世代ベンチャーの登竜門」をうたう「Morning Pitch (モーニングピッチ)」だ。早朝にもかかわらず、毎回20~50人の参加者を集めている(写真)。

 発表するのは、主催者から招待されたベンチャー企業。2013年4月11日に行われた第12回のイベントには、ソーシャル・リーディング(読書)サービス「Booklap」を提供するProsbee、大企業とベンチャー企業をマッチングさせるサービス「creww(クルー)」を提供するcreww、企業からのオファー型の就活(就職活動)支援ツール「Offer Box」を提供するi-plug、社内向けのSNS「Talknote」を提供するトークノートの4社が登壇した。

 同イベントでは、各社に用意された発表時間は3分、その後の17分を使って質疑応答が行われる。ベンチャーキャピタリストなどの参加者からは、各社の事業モデルの詳細や競合他社との違いをたずねる質問などが相次いだ。次回は「新デバイスを通じた広告代理店とベンチャーの協業」をテーマにしたイベントが東京で開催されるほか、福岡でも第1回のイベントが開催される予定になっている。

■変更履歴
サービスと企業の紹介で、『支援ツール「i-plug」を提供するi-plug』としておりましたが、正しくは『支援ツール「Offer Box」を提供するi-plug』です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2013/04/12 18:15]