PR
写真●4月14日に行われた「ブレークスルーキャンプ for Woman」の決勝プレゼン大会
写真●4月14日に行われた「ブレークスルーキャンプ for Woman」の決勝プレゼン大会
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォンやパソコン向けアプリケーションの企画イベント「ブレークスルーキャンプ for Woman」の決勝プレゼン大会が、2013年4月14日、日本マイクロソフト本社で開催された(写真)。名称どおり、企画立案する参加者を「女性限定」としたのが特徴だ。主催はIMJインベストメントパートナーズで、3月以降、IMJのグループ社員が、週1回の定例ミーティングや企画打ち合わせ、直前集中講座といったサポートを行ってきた。

 同企画イベントに参加し、最終的にプレゼンテーションを行ったのは18チーム。14日の決勝プレゼンには、予選を勝ち抜いた8チームが登壇し、女性からの視点に基づくサービスアイデアが披露された。

 登壇8チームのなかから、審査員の採点を経て上位3作品が表彰された。1位は、ネイリストなどとモデルのマッチングサービス「quick1」(チームN)。2位は、接客のおもてなしの感動を共有できる「おもてなでしこ」(おもてなでしこ)、3位は育児をする男性向けの情報提供サービス「iKumen's Walker」(Baby Step)だった(カッコ内はチーム名)。

 このほか、決勝に進めなかった10チームのプレゼンも「ライトニングトーク」として実施され、全チームのなかから協賛社賞としてJOYSOUND賞と日テレ賞が贈られた。

 同イベントがユニークなのは、企画の競争にとどまらず、その後の実装も視野に入れていることだ。4月17日には、開発者とのマッチングイベントが行われ、その後の開発期間を経て、6月1日に発表会が開催される予定になっている。 

 今回決勝プレゼンに進出したのは、以下の8サービス。

「MAKIT」(KOGUMA)
画像に化粧品情報を埋め込んで投稿する

「いつか二人で○○したいね」(イチキュー)
カップルで立てた、ちょっと贅沢な夢の達成を支援する

「おもてなでしこ」(おもてなでしこ)
おもてなしへの感動の声を集約!サービスのミシュランを目指す

「iKumen's Walker」(Baby Step)
イクメンのための情報提供サービス

「quick1」(チームN)
「1分、1コイン」で可能にするネイリストなどとモデルのマッチング

「ダイエット伝説」(甘党)
RPG風のダイエット支援

「Catch Model」(Claddagh Ring)
すれ違いをきっかけに、カットモデルと美容師をマッチングする

「TiMe」(puzoole)
スキマ時間を活用した、女子大生向け企業プロモーション

 ライトニングトークとして発表されたサービスは以下のとおり。

「PimaPima」(Cheers)
働く女子のAfter5の活動を提案してくれる

「ヤングオールドといっしょ!」(SOHO FUKAGAWA)
介護の負担を複数人で分担する

「旅プロ」(シキーズ)
旅をプロジェクト管理する

「あじstory」(チームS)
体験と共にお母さんの味を再現する

「ガレージセール」(チームW)
“ガレージセール”をスマートフォンを活用して実現する

「カエルン」(カエル.com)
ポジティブ思考への転換を促し、夢実現を支援してくれる

「Well done」(チームV)
子供の目標達成を支援する

「今日カレ」(Salon de Grace)
働く女子の恋愛スイッチをオンにする

「Tring」(緑のカフェ)
投稿した写真を通じてつながりを見つける

「どこでもトラベル」(HOT&HOT)
旅行を身近にしてくれる