PR
写真●iOS向けの新Facebookアプリ。新チャット機能「Chat heads」を追加した
写真●iOS向けの新Facebookアプリ。新チャット機能「Chat heads」を追加した
[画像のクリックで拡大表示]

 米Facebookは現地時間2013年4月16日、iOS向けFacebookアプリケーションのアップデートを発表した。最新版は新たなチャット機能「Chat heads」を導入した。米Appleの「App Store」から無償でダウンロードできる。

 Chat headsにより、Facebook上で「News Feed」の閲覧などをしているときでも、チャットを続けられる。画面上に表示されたチャット相手の画像アイコンをタップして返事ができるほか、画像アイコンをドラッグして好きな位置に移動することが可能。下方向にフリックすればチャットを閉じられる。

 また、絵文字のように感情を表現するスタンプ「Stickers」をメッセージに追加し、表情豊かなやりとりが行える。バスケット(かご)マークをタップして「Stickers Store」からさらに多くのStickersを入手できる。

 「iPad」特有の強化として、先月発表した新デザインのNews Feedが反映される(関連記事:Facebook、「News Feed」のデザイン変更を発表、写真を重視)。友達がシェアしたコンテンツが大きく表示され、より鮮やかに写真、ニュース記事、地図、イベントなどを閲覧できる。コンテンツをタイプ別に表示することも可能。

 なおChat headsとStickersは、全てのユーザーが利用できるようになるまで数週間かかる見通しという。

 Facebookは先ごろAndroid向けに公開したモバイルアプリケーション「Home」にもChat headsを実装している。こちらはiOS向けとは異なり、Facebook以外のアプリケーションを使用してるときでも、FacebookメッセージやSMSメッセージを受け取ると画像アイコンが現れ、チャットを継続できる(関連記事:Facebook、予定どおり「Home」をGoogle Playで配信開始)。

[発表資料へ]