PR

 日立システムズは2013年4月17日、マレーシアのITサービスプロバイダーSunway Technologyとの合弁会社「Hitachi Sunway Information Systems」をマレーシアに設立し、営業を開始したことを発表した。また、新合弁会社の子会社を、シンガポール、タイ、フィリピン、インドネシアに設立した。2013年中にベトナムにも子会社を置く計画だ。

 Hitachi Sunway Information Systemsグループは、東南アジア各国に進出している日系企業および現地企業に向けてITサービスを提供する。具体的には、日立システムズが得意とするITインフラ/ネットワークの構築・運用・監視、データセンターの運用、仮想化・クラウドサービスなどの事業と、Sunway Technologyの主要事業であるPLM(Product Lifecycle Management)/ERP(統合基幹業務システム)パッケージの販売・導入や仮想化ソリューションを組み合わせたサービスを行うとしている。

 さらに日立システムズは、同社が海外進出企業向けに提供しているグローバルITサービス「GNEXT」の事業拠点としても、Hitachi Sunway Information Systemsグループの設備を活用していく計画だ。今後、Hitachi Sunway Information Systemsグループを通じてアジア地域での提供を検討していく製品・サービスとしては、データ連携ミドルウエア「HULFT」、クラウドサービス「Caliver」、中堅・中小企業向けERPクラウドサービス「SAP Business One OnDemand」、中堅企業向けのERP製品「Microsoft Dynamics AX」などを挙げている。