PR
写真●Scality Ring Organic Storageの管理画面
写真●Scality Ring Organic Storageの管理画面
[画像のクリックで拡大表示]

 センドメールは2013年4月17日、同社のメールサーバーソフトが蓄積するメールを分散KVS(キーバリューストア)に格納するための連携ソフト「MC Connector」を発表、同日提供を開始した。同社が販売する分散KVSソフト「Scality Ring Organic Storage」(写真)のメール連携オプション「Email Pack」として提供する。

 従来、同社のメールサーバー(受信したメールを格納するサーバー)は、OSからファイルシステムとして見えている領域にメールを格納していた。これに対して、今回新たに、HTTPリクエスト(REST API)を介してファイルを出し入れできるオブジェクトストレージにメールを格納できるようにした。

 メールサーバーの内蔵ディスクでは容量が足りず、外付けストレージが必要になるようなケースでは、汎用のPCサーバーを分散型で利用するタイプのオブジェクトストレージを使うことで、比較的安価にストレージを構成でき、容量の拡張も容易になる。こうした狙いの下、同社は2012年7月から分散KVSソフトのScality Ring Organic Storageを取り扱っている。

 今回、Scality Ring Organic Storageのメール連携オプションであるEmail Packを拡張し、新たに同社製メールサーバーソフト「MailCENTER」のメール格納に利用するためのコネクターソフト(MC Connector)を追加した。これにより、センドメールのメールサーバー製品から初めて、個別のシステム開発を介さずにコネクターの適用だけで分散KVSを利用できるようになった。

 センドメールによると、Scality Ring Organic Storageは「分散KVSの中では最もメールシステムとの連携の実績が豊富なソフト」という。汎用のPCサーバーでクラスターを組み、ハッシュリング方式でデータを分散格納する。データの可用性を確保するため、データは3個のコピーを3台のノード(サーバー)にそれぞれ保存する。この3台は、クラスターをリング状に見立てたときに、ちょうど120度ずつの等間隔に位置するノードが選ばれる。

 Scality Ring Organic Storageと、今回開発したコネクター(MC Connector)を含むメール連携オプション(Email Pack)のライセンスは、いずれも年額のサブスクリプション(購読)方式をとる。価格はオープンで、容量20Tバイトの場合の参考価格(税別)は、Scality Ring Organic Storageが360万円、オプションのEmail Packが280万円。