PR

 2013年4月18日、トライバルメディアハウスが主催するセミナーで通販大手ニッセンなどの担当者が講演し、Twitter(ツイッター)公式アカウントの運用とマーケティング効果測定について語った。大手企業のマーケティング担当者など、各社でTwitterに関わる約100人が参加した。

テレビCMとTwitterの連携深める欧米企業

写真1●Twitter Japanの葉村真樹氏
写真1●Twitter Japanの葉村真樹氏
[画像のクリックで拡大表示]

 講演に先立ち、Twitter Japanの葉村真樹氏が話をして、Twitterの概況を欧米の先進事例を引きながら報告した(写真1)。アウディやメルセデス・ベンツ、ナイキといった先行する欧米企業は「テレビCMとTwitterの連携を深めている。ハッシュタグをCMで流し、視聴者を巻き込んで情報を一気に拡散させる手法が盛んになってきた」と紹介した。

 また、ケロッグが世界初となる「ツイート・ショップ」を立ち上げたことにも触れ、顧客に特設店舗で同社の商品を試食してもらい、その場で感想をつぶやいてもらうという試みも話した。単なる商品サンプリングよりも、情報の拡散度合いが大きいという。今後日本でもこうした取り組みが出てくるかもしれない。

 葉村氏は「日本人は世界的に見ても、ツイートに非常に積極的。アクティブ度合いは抜きん出ている。ところが企業はまだ、マーケティングに生かし切れていない」と話す。この日発表したばかりの「ツイートのキーワードに基づいた広告配信」などにも言及し、Twitterのさらなる活用を訴えかけた(関連記事)。