PR
写真●米セーフネット グローバルソフトウエア収益化フィールドマーケティングディレクター アリエラ・ショーハム氏
写真●米セーフネット グローバルソフトウエア収益化フィールドマーケティングディレクター アリエラ・ショーハム氏
[画像のクリックで拡大表示]

 日本セーフネットは2013年4月22日、組み込み製品に特化したソフトウエア収益化ソリューション「Sentinel RMS Embedded」を発表した。Linux、VxWorksのほか、Androidにも対応する。同社によるとAndroidに対応したソフトウエア収益化ソリューションは同製品が初だという。

 Sentinel RMS Embeddedは、エンタープライズ向けのソフトウエアライセンス供与ツールキット「Sentinel RMS」がベースとなっている。組み込み系ソフトウエアが稼働する環境はメモリー容量に制限があるなどの要件が求められるが、Sentinel RMS Embeddedはこうした要件に特化して設計されているという。

 米セーフネット グローバルソフトウエア収益化フィールドマーケティングディレクター アリエラ・ショーハム氏は、「組み込み系ソフトウエアの収益化を実現させるには、パッケージング、制御、トラッキング(追跡)、管理の4つがポイントとなる」と述べ、Sentinel RMS Embeddedはこれらのポイントを押さえた機能を提供していると話す(写真)。

 まずパッケージングに関しては、プログラムソースにライセンスAPIを埋め込み、同一製品でも機能を組み合わせたさまざまなライセンス体系を生成して、ハードウエアSKUの数を削減するという。

 制御面では、機能レベルで製品アクセスをコントロールしたり、試用版ライセンスから商品版への切り替えを促進したりといったことが可能だ。盗難や改ざん、リバースエンジニアリングからソフトウエアを保護できるという。

 トラッキング機能では、資格付与やアクティベーション、利用状況をトラッキングする。誰がどんな機能をよく使っているのかを把握し、よく使われている機能に投資を集中するなど効率的な製品開発につなげることが可能だという。

 管理面では、使用権限管理をWebベースで行うため、製品のアクティベーションや使用状況のトラッキングなどをリモートで実施、作業の一元化と自動化が可能だとしている。

 Sentinel RMS Embeddedは、管理製品の「Sentinel EMS」と共に利用する。両製品の価格はそれぞれ300万円(2製品の合計600万円)からとなる。

■変更履歴
本文および写真キャプションで、会見に登壇した「米セーフネット グローバルソフトウエア収益化フィールドマーケティングディレクター アリエラ・ショーハム氏」を「米セーフネット ソフトウエア収益化事業部プロダクトマネージャー ダリム・ラハマタラ氏」と誤って掲載しました。お詫びして訂正します。人名および役職について、本文とキャプションは修正済みです。