PR
写真●Summlyの自然言語アルゴリズムやマシンラーニング技術を導入したVersion 3.0
写真●Summlyの自然言語アルゴリズムやマシンラーニング技術を導入したVersion 3.0
[画像のクリックで拡大表示]

 米Yahoo!のMarissa Mayer最高経営責任者(CEO)は現地時間2013年4月22日、iPhone向けニュース閲覧アプリケーションの新版「Version 3.0」を米国向けに提供開始したと発表した。

 買収した英国の新興企業Summlyの自然言語アルゴリズムやマシンラーニング技術を導入しており、ニュース記事の要約が表示されるのが特徴(写真)。Yahoo!のモバイルアプリケーションでは画面トップに記事のサムネイル画像と見出しが表示され、その下にほかの記事の見出しが一覧表示される。

 新版では、設定を「Visual」モードに切り替えると、サムネイル画像を拡大した背景の上に、記事の要約を画面いっぱいに表示する。このほか、設定画面でニュースのカテゴリーや話題を選択でき、よりパーソナル化を推し進めたと説明している。画像/動画検索の機能も向上しているという。

 Yahoo!のMayer CEOは公式ブログで、「モバイル端末を使って、出先でニュースや情報を消費することが当たり前の時代。コンテンツの発見は我々の日常習慣になっている」とし、「Summlyの画期的な技術を導入したことで、コンテンツの発見が容易になった」と説明している。

 17歳のNick D'Aloisio氏が設立したSummlyを、Yahoo!が買収することで合意したと発表したのは、2013年3月25日のこと(関連記事)。今回のiPhone向けアプリケーションの新版は、アプリケーションのそのものよりも、Mayer CEOの動きの速さが大きなニュースだと米TechCrunchなどの海外メディアが報じている。

 Mayer氏はCEO就任後、急速にモバイルサービスの拡充を進めている。2012年12月には、「Yahoo! Mail」の新版を公開し、そのモバイルアプリケーションも刷新。写真共有サービス「Flickr」のiOS向けアプリケーションも刷新し、機能強化を図っている。2013年4月には、Yahoo! Mailのタブレット向けアプリケーションと「Yahoo! Weather」のiOS向けアプリケーションも公開した(関連記事)。

[Yahoo!公式ブログへのMayer CEOの投稿記事]