PR

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2013年4月23日、インターネットに接続したJAXAのサーバーに外部から不正アクセスがあったと発表した。現在原因と影響を調査しているという。

 不正アクセスが発覚したのは4月18日。当該サーバーの通信記録の定期確認を行ったところ、不審なIPアドレスからのアクセス記録が見つかった。JAXAでは同サーバーをネットワークから切り離して状況を調査、4月17日深夜に不正アクセスがあったことが分かった。

 今回の不正アクセスで漏洩した情報は、国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」の運用準備に使われる参考情報と、きぼう運用関係者の複数のメーリングリスト。ただし、きぼうの運用に直接使われるものではなく、運用に支障を来すものでないことは確認しているという。

 JAXAでは、すみやかに原因究明を進めるとともに、再発防止に向けて情報セキュリティの強化に取り組むとしている。