PR
写真1●NTTドコモの加藤薫社長
写真1●NTTドコモの加藤薫社長
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは2013年4月26日、2012年度(2012年4月~2013年3月期)の通期連結決算を発表した。売上高は前年同期比5.4%増の4兆4701億円、営業利益は同4.3%減の8372億円の増収減益となった。純利益は、税制改正の影響を受けた前年度からの反動で前年同期比6.8%増の4956億円となった(関連記事)。

 ドコモは2012年度の上半期決算の段階で、競争激化から下期に800億円の追加営業費用を投入すると説明。それに伴って通期の業績予想を下方修正している(関連記事)。NTTドコモの加藤薫社長(写真1)は「800億円の追加営業費用は、割引き施策を工夫することで、700億円程度に収まった。結果として、下方修正後の営業利益目標とした8200億円を上回ることができた。また2012年の9~10月はiPhone 5の影響によりMNP(モバイル番号ポータビリティー)で苦戦していたが、第4四半期はオススメとして投入したXperia Zが好調で、手応えがあった」と説明。年間を通してMNPの転出抑止、純増数獲得で苦戦する中、第4四半期に入って初めて前年同期を上回る純増数となり(写真2)、ようやく回復の兆しが見えてきたと強調した。

写真2●MNPの転出増で苦戦する純増数だが、第4四半期で回復の兆しが見えてきたとする
写真2●MNPの転出増で苦戦する純増数だが、第4四半期で回復の兆しが見えてきたとする
[画像のクリックで拡大表示]

 その他、2012年度通期の主なオペレーションデータは以下の通り。パケット収入が前年同期比6.1%増の1兆8939億円、総販売台数が同6.6%増の2355万台、スマートフォン販売台数が同50.7%増の1329万台、スマートフォン利用者数が同87%増の約1870万契約、Xi契約数が前年度末比5.2倍の1157万契約、dマーケット収入が前年同期比11.5倍の約230億円、スマートARPU(音声通信料や基本使用料、パケット通信料以外の、モバイルサービスに付随する収入が該当)が同28%増の460円。