PR

 トレンドマイクロは2013年5月7日、サーバー向けセキュリティソフトの新版「Trend Micro Deep Security 9.0」を発表した。6月10日から販売を開始する。新版ではエージェントレスでサーバーを保護している場合でも、脆弱性の自動検出、仮想パッチの自動適用が可能になった。

 Deep SecurityはサーバーOS上にインストールする形態(エージェント型)と、仮想アプライアンスとして動作して同一基盤で動作する仮想マシンを保護する形態(バーチャルアプライアンス型/エージェントレス)の2つの使い方がある。後者の使い方では、従来は脆弱性の自動検出、仮想パッチの自動適用ができなかった。

 仮想パッチはDeep Securityの特徴的な機能である。監視対象のOSやアプリケーションなどの脆弱性を突く攻撃を検知した場合は、その通信をブロックする。OSやアプリケーションなどにパッチを当てていなくても、パッチの修正対象となる脆弱性を手当てする“仮想的なパッチ”だ。新版では導入形態を問わずに、仮想パッチを自動更新できるようになった。

 参考標準価格はフル機能の場合、エージェント型が21万3500円(税別、以下同)。バーチャルアプライアンス型が40万円。なお、フル機能版よりも安価な、各種の機能限定版も用意している。