PR

 米Facebookが中心となってデータセンター技術のオープンソース化を推進する「Open Compute Project(OCP)」は現地時間2013年5月8日、スイッチ開発に関する新規プロジェクトをOCP内に立ち上げたと発表した。特定のOSに依存しないオープンなスイッチの仕様策定とリファレンスボックス開発を目指す。

 OCPはFacebookが同社の高効率データセンターで採用している仕様や、ベストプラクティスを業界で共有可能にする取り組みとして2011年4月に発足した。2011年10月にOCPの運営団体Open Compute Project Foundationが設立され、現在では50社以上が公式メンバーとして参加している。

 新プロジェクトは、Facebookネットワークエンジニアリングチーム責任者のNajam Ahmad氏が率いる。Facebookのほか、米Big Switch Networks、米Broadcom、米Intel、米Netronome、米VMwareなどが同プロジェクトへの参加を予定しており、5月16日に開催される「OCP Engineering Summit」で本格的な活動を開始する。

 OCP会長兼議長のFrank Frankovsky氏は、「オープンで差別のないスイッチはネットワークハードウエア開発におけるイノベーションを加速し、Software Defined Network(SDN)の継続した進歩と普及につながる」と述べている。

[発表資料へ]