PR
図●LINEの2012年10-12月期と2013年1-3月期の売上額(図はLINEが提供)
図●LINEの2012年10-12月期と2013年1-3月期の売上額(図はLINEが提供)
[画像のクリックで拡大表示]

 無料通話・メッセージアプリ「LINE」を提供するLINEは2013年5月9日、同社のLINE事業に関する業績を開示した。2013年1-3月期の売上額は58.2億円で、前四半期比で約92%増となった。2012年10-12月期の売上額は30.3億円だった()。

 売上構成比はゲーム課金が約50%、スタンプ課金が約30%、そのほか約20%が公式アカウントやスポンサードスタンプなどで構成される。また、売上の80%は日本が占めているという。なお、日本以外の国・地域別売上やLINE事業の利益については開示していない。

 LINEの登録ユーザー数は4月末で1億5000万を突破(関連記事:LINEの登録ユーザーが1億5000万突破、南米や中東、アフリカでも展開)、海外展開を積極的に進めている。現在スタンプを191種、ゲームアプリを24種提供しており、日本、タイ、台湾で92の公式アカウントを開設しているという。