PR
バイドゥの日本語入力アプリ「Simeji」の新版。入力画面を広く使えるように改良した
バイドゥの日本語入力アプリ「Simeji」の新版。入力画面を広く使えるように改良した
[画像のクリックで拡大表示]

 バイドゥは2013年5月9日、Android端末向け日本語入力アプリ「Simeji」の新版「Simeji ver.6.0」をリリースした。画面上のキーボードがスライドしてメニューを表示する新しいユーザーインタフェースを採用し、入力画面を大きく使える。Google Playから無料ダウンロードできる。

 新機能の「スライドUI」は、左上の「きのこボタン」を押すとキーボード部分がスライドして入力形式(日本語、顔文字、スタンプなど)を選ぶメニューが表示される。従来はキーボード上部の階層型メニューに画面スペースを取られて、入力画面が狭かったのを改良した。

 また、日本語、顔文字、スタンプ(アスキーアート)などの入力効率を高めた。顔文字は3000文字以上、スタンプは500文字以上を収録する。動作環境はAndroid 1.6以上。6月上旬には記号パレットを導入して数字キーボードを刷新したver.6.1をリリースする予定である。

 Simejiは、フリック入力や音声入力、ハードウエアキーボードなどさまざまな入力方式に対応するのが特徴のAndroid向け日本語入力アプリ。ダウンロード数は累計400万に達するという。