PR

 南東京ケーブルテレビ(ケーブルテレビ品川)と日本デジタル配信(JDS)は2013年5月13日、ケーブルテレビ品川が後援する食べ・飲み歩きイベント「酔ぅ喰ぅバルIV」において、国際航業が開発中のARアプリ「ぶらさぽAR」を使った店舗情報提供の実証実験を5月17日に行うと発表した。

 ケーブルテレビ品川は、JDSの協力を得て、「CableGateサービス」と「ぶらさぽAR」を連動させ、来場者のスマートフォンもしくはタブレット端末に参加店舗の地図情報やバルメニューの画像を表示させて道順案内やメニュー紹介を行う(図)。これにより、参加店舗への誘導をよりスムーズにできるように支援する。

 ケーブルテレビ品川およびJDSは、「酔ぅ喰ぅバルIV」での実証実験を通じて新たな地域情報サービス提供手法のあり方を検証し、地域活性化におけるケーブルテレビが果たす役割の可能性を追求する。

[発表資料へ]