PR

 富士通は2013年5月15日、関東学院大学においてクラウド型の全学メールシステムを構築し、同システムが本格運用を開始したと発表した。米マイクロソフトの教育機関向けクラウドサービス「Microsoft Office 365 Education」の無料プランを活用することで、運用コストを従来比で5割削減したという。

 今回同社は、Office 365 Educationをベースに、メール送受信履歴の保管と分析を行うログ管理機能を実装したクラウド型メールシステムを構築し、関東学院大学に導入した。約1万1500人の学生、教職員、および約10万人の卒業生が利用する。ログ分析機能を使って、大学からの重要な通知や、学生からの課題レポート送受信に関するメール配信成否の調査を行うことが可能だ。

 また、同メールシステムのヘルプデスク業務において、同社と同大学は連携する。同社は、Office 365 Educationの操作やメール送受信履歴の分析方法に関する問い合わせ、およびメールサービスのプラットフォームとなる学内ネットワークの障害に対応する。

 同大学では、2008年からSaaS型のメールシステム「Zimbra」を全学で利用していたが、メール保存容量の不足が課題になっていた。今回のメールシステム刷新により、1人当たりのメール保存容量が従来の1Gバイトから25Gバイトに拡大し、問題が解決したとしている。