PR

 日立製作所は2013年5月15日、車載システムが収集した走行履歴情報などのビッグデータを分析・加工して、自動車保険会社などに配信するサービス「日立テレマティクス加工配信サービス」を発表した。5月17日に提供を開始する。併せて、日産自動車と損害保険ジャパンが、同サービスを採用することを明らかにした。

 同サービスは、走行距離、燃料消費量、電気自動車の電池残量、位置情報など、車載システムが収集・蓄積する様々なデータを分析・加工して、これらのデータを活用したサービスを提供する事業者に配信するもの。データの分析・加工・配信を行うシステム基盤には、同社のクラウドサービス「Harmonious Cloud」と米マイクロソフトのパブリッククラウドサービス「Windows Azure」を組み合わせたハイブリッドクラウドを利用する。

 損害保険ジャパンは、日産自動車の電気自動車「日産リーフ」向けの走行距離連動型自動車保険「ドラログ」に、同サービスが配信するデータを活用する。継続契約時の保険料算定に同サービスの走行距離情報を利用するほか、走行内容を分析したエコ・安全運転診断サービスを保険契約者に提供する。