PR
写真●デル・ソフトウェア 代表取締役社長のバスター・ブラウン氏
写真●デル・ソフトウェア 代表取締役社長のバスター・ブラウン氏
[画像のクリックで拡大表示]

 デルとデル・ソフトウェア(旧・日本クエスト・ソフトウェア)は2013年5月16日、デルのパートナープログラム「PartnerDirectプログラム」に、ソフトウエア製品に特化した新しいパートナー制度を追加すると発表した。デル・ソフトウェアが取り扱うソフト製品は全て、同制度で認定されたパートナー企業を介して販売される。

 デル・ソフトウェアの前身は、米Quest Softwareの日本法人である日本クエスト・ソフトウェアだ。2012年9月に米DellがQuest Softwareを買収したことに伴い、2013年2月1日に日本クエスト・ソフトウェアからデル・ソフトウェアへ社名変更した。デル・ソフトウェアでは、Quest Software製品のほか、これまでにDellが買収した「KACE」、「SonicWALL」、「AppAssure」などのソフト製品を取り扱う。

 今回発表した新パートナー制度は、デル・ソフトウェアのソフト製品を販売するパートナー企業を、「Dell Registeredパートナー」「Dell Preferredパートナー」「Dell Premierパートナー」の3つのレベルで認定するプログラムだ。認定レベルに応じて、割引特典やサポートサービス、受注案件の割り当てなどの特典を提供する。尚、旧日本クエスト・ソフトウェアが同社独自に認定していたパートナー企業は、2013年秋から「PartnerDirectプログラム」へ移行する予定だ。

 デル・ソフトウェア 代表取締役社長のバスター・ブラウン氏(写真)は、「Dellブランドのソフト製品は、これまで100%パートナー企業経由で販売してきた。近年の積極的な企業買収によってソフト製品のポートフォリオは拡充されたが、この先も、この販売方針を変更するつもりはない」と述べた。