PR
写真1●患者情報画面
写真1●患者情報画面
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●手術待機リスト
写真2●手術待機リスト
[画像のクリックで拡大表示]

 QLifeは2013年5月22日、東京女子医科大学病院の心臓血管外科小児班と共同で、患者の手術関連情報を管理するデータベースを開発し、同院で運用を開始したと発表した。個々の患者の情報を一元管理(写真1)できるほか、手術待機中の患者一覧と、症状に応じた手術リスクの強弱をリスト表示する機能(写真2)を備える。

 同院の心臓血管外科では、年間500例を超える手術を実施している。個々の患者の手術日は、症状を共有するカンファレンスを行い、症状に応じた手術順番や術前検査の入院日/検査値など様々なステータスを確認して決定される。これまで、これらの情報を包括的に管理するシステムは導入しておらず、手術待機中のすべての患者のステータスを総覧できないために手術優先順位の判断が困難だった。

 今回QLifeは、米FileMakerのデータベースソフト「FileMakerPro」を使用した手術関連情報管理データベースを考案。同院の監修の下、共同開発のかたちで導入した。(1)患者の手術に関する情報(受診までの経緯、主治医の所見、術前検査の値など)の一元入力・管理、(2)症状に応じた手術リスクの強弱の設定と、待機患者の手術リスクの総覧、(3)カレンダー画面からの手術日設定---などの機能を提供する。

 同データベースを監修した同院 心臓血管外科の立石実医師は、「先天性心疾患は専門性が高く、手術のバリエーションが多いことから、電子カルテ上やカンファレンスだけでは詳細な情報共有が困難だった。同データベースの導入により、循環器小児科や麻酔科の医師、人工心肺担当技師、手術室やICUの看護師などあらゆるスタッフでの情報共有が可能になり、より安全に手術を行うことが可能になった」とコメントしている。