PR

 米VMwareは米国時間の2013年5月21日、IaaS(インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)の「VMware vCloud Hybrid Service」を発表した。vSphere環境の社内プライベートクラウドと接続するための仮想ネットワークを提供し、オンプレミス/IaaSのハイブリッドクラウド環境を容易に構築できるのが特徴だ。米国では2013年6月にEarly Accessプログラムを通じて提供し、2013年第3四半期に一般出荷を開始する計画だ。日本を含むアジア太平洋地域での提供開始は2014年を予定する。

 vCloud Hybrid Serviceでは、マルチテナント型で仮想的なサーバーリソースを割り当てる「Virtual Private Cloud」と、顧客に専用の物理サーバーを割り当てて物理容量の範囲内で自由に仮想サーバーを作成できるようにする「Dedicated Cloud」の2種類の利用方法を用意する。

 社内プライベートクラウドとのハイブリッド運用を想定した機能が特徴。社内クラウドのレイヤー2/レイヤー3ネットワークをVMware vCloud Hybrid Serviceへ拡張するための仮想ネットワークを提供し、顧客拠点とVMware vCloud Hybrid ServiceをVPN方式で接続する。vSphereクライアントから無料のvCloud Connectorプラグインを使用して、オンプレミスで運用されるvSphere環境の仮想マシンをIaaS上へ簡単に移行できるほか、オンプレミス/IaaS上の仮想マシンを統合管理することが可能。

 VMware vCloud Hybrid Serviceのライセンスは、パートナー経由で提供する。国内向けには、パートナーのデータセンターリソースを活用し、パートナー独自のサポートやサービスを付加して提供する予定だ。

■変更履歴
当初、第2段落で「Virtual Private Cloud」の課金方法について記述していましたが、課金方法はパートナーによって異なる可能性があるため説明を変更しました。また、第4段落でパートナーの例として具体的な社名を挙げていましたが、決定事項ではなかったため社名を削除しました。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。[2013/05/22 22:35]