PR
写真●アイ・オー・データ機器の「WN-AC1600DGR」
写真●アイ・オー・データ機器の「WN-AC1600DGR」
[画像のクリックで拡大表示]

 アイ・オー・データ機器は2013年5月22日、無線LANルーター「WN-AC1600DGR」を発表した(写真)。同社の無線LANルーターの最上位機種にあたり、6月中旬に出荷する予定。メーカー希望小売価格は1万5700円。

 5GHz帯を使用するIEEE 802.11ac Draftに対応する。最大通信速度(理論上の最大値)は1300Mビット/秒で、同社による無線LAN実測値は約506Mビット/秒。5GHz帯は802.11a/nにも対応する。2.4GHz帯は802.11b/g/nに対応し、最大通信速度(同)は300Mビット/秒。両周波数帯の同時利用が可能である。ギガビットイーサネットのポートも搭載する。

 スマートフォンやタブレット端末の標準ブラウザーからのインターネット接続設定や、QRコードを使った無線LAN接続設定が可能。また背面にUSBポートを搭載。ここにUSB接続のプリンターをつないでネットワークプリンターとして使えるようにする機能を持つ。後日、ファームウエアのアップデートにより、様々なUSB機器をLAN経由で使える「net.USB」、接続したハードディスクをNASとして使用する「簡易NAS機能」、ダイナミックDNSサービスの「リモートリンク2」にも対応する予定。

[発表資料へ]