PR
写真●「市民の声DBシステム」のイメージ
写真●「市民の声DBシステム」のイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 さいたま市、富士通、日本マイクロソフトは2013年5月28日、さいたま市の各種広聴制度やコールセンターに寄せられる市民の声を一元管理する「市民の声DBシステム」(写真)を構築し、運用を開始したと発表した。市民の意見・要望を登録する作業や回答業務を効率化すると同時に、進捗管理機能を利用して意見・要望への対応の失念・遅延を防ぐことができる。また、登録した意見・要望を発言者の属性で分類・集計する機能、グラフ化する機能を備える。

 同システムは、さいたま市のコールセンターや、広聴制度「わたしの提案」「タウンミューティング」で収集した市政への提案、陳情・要望、行政サービスに関する問い合わせなど、市民の声を一元管理・分析する。米MicrosoftのCRM製品「Dynamics CRM」を活用して、富士通および富士通ビー・エス・シーが中心となって構築した。

 さいたま市の共通認証システムと連携しており、市職員は、庁内パソコンから同システムへアクセスして市民の声を登録する。同システム上で過去に登録した市民の声や市の対応を参照できるため、登録・回答業務を効率化できるとする。また、市民が直接同システムへ意見を登録することも可能だ。

 登録した市民の声を分析するためのシステムとして、(1)市民の声を発言時期、発言者の年代・性別・居住区、提案内藤で分類、(2)集計・統計(提案受け付け種類別の件数、回答作成までの所要日数など)、(3)集計・統計結果のグラフ化などの機能を備える。

■変更履歴
タイトルで「Dynamic CRM」としていましたが、正しくは「Dynamics CRM」です。お詫びして訂正します。タイトルは修正済みです。 [2013/05/28 16:20]