PR

 IDC Japanは2013年5月28日、国内ネットワーク機器市場の2012年の実績と予測を発表した。企業の投資回復とモバイルトラフィック増を背景とする携帯電話事業者の設備投資により、2012年の売上額は2011年を上回った。特に好調だったのは企業向け無線LAN機器。2012年の売り上げ実績は前年比41.4%増の208億7100万円となった。

 イーサネットスイッチも好調で前年比13.0%増の1786億6700万円。ルーターは同0.6%増の1187億3700万円だった。一般企業向け製品はイーサネットスイッチ、ルーターともに好調で、前年比10%以上のプラス成長となった。通信事業者向けはイーサネットスイッチは堅調だったが、ルーターは2012年後半に減速感が見られたという。

 ベンダー別ではルーター市場ではシスコシステムズ、アルカテル・ルーセント、富士通、NECの好調さが目立ったとしている。イーサネットスイッチ市場ではシスコ、富士通、日立電線の上位3社が大きく売り上げを拡大した。

 今後の市場動向は安定的で、2012年~2017年の年間平均成長率はルーター市場が1.2%、企業向け無線LAN機器市場が1.0%のプラス成長、イーサネットスイッチ市場が1.2%のマイナス成長と予測している。