PR

 日立製作所、日立ソリューションズ、日立システムズの3社は2013年6月3日、「Amazon Web Services(AWS)を使用したシステム構築の事業を本格化すると発表した。日立グループの製品・サービスとAWSを組み合わせたクラウドサービスを提供したり、AWS上で「SAP ERP」などを構築・運用するサービスを提供したりすることが主な内容である。

 日立はAWSを「Harmonious Cloud」のサービスメニューに追加し、ユーザー企業に外販する。ユーザー企業は米アマゾン・ウェブ・サービスとではなく、日立と契約を結んでAWSを利用し、AWSに関するサポートサービスなども日立から受ける。2013年度中には、インターネットを介さずにAWSと日立のデータセンターとを直結する「AWS Direct Connect」も開始する。AWSを活用したサービスの提供を強化するために、2013年度中に日立グループ内の「AWS認定技術者」の数を200人にまで増やす。

 このほか、独SAPのパッケージソフトウエアをAWS上に構築し、運用するソリューションを提供するほか、日立の運用管理ツールである「JP1」や、日立ソリューションズの情報漏えい防止ソフトである「秘文」のAWS対応も進める。

■変更履歴
記事中、最後の段落で日立ソリューションズの情報漏えい防止ソフトを「碑文」としていましたが、正しくは「秘文」です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2013/06/04 09:43]