PR
写真1●COMPUTEX TAIPEI 2013で第4世代Core搭載のVAIO新製品を発表
写真1●COMPUTEX TAIPEI 2013で第4世代Core搭載のVAIO新製品を発表
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは2013年6月5日、台北で開催中の「COMPUTEX TAIPEI 2013」に合わせて新製品発表会を開催し、世界最軽量のタッチ対応Ultrabook「VAIO Pro」シリーズや、Ultrabookとして最長のバッテリー駆動時間を誇るスライダー型Ultrabook「VAIO Duo 13」を発表した(写真1)。

 「VAIO Pro 13/11」は、6月5日時点で世界最軽量(ソニー調べ)となるタッチ対応Ultrabook。13インチモデルは約1.06kg、11インチモデルは約0.87kgを実現する(写真2)。

世界最軽量のVAIO Pro 13/11

 独自のカーボンファイバー素材により、堅牢性を維持しつつ世界最軽量を達成(写真3)。キーボードにもこだわり、キーピッチとキーストロークを確保。入力作業の生産性にも配慮している。ディスプレイにはソニーのテレビ「BRAVIA」の技術を用いたTRILUMINOSディスプレイを採用、画面解像度はフルHD、タッチ操作にも対応する。

写真2●タッチ対応Ultrabookとして世界最軽量のVAIO Pro 11
写真2●タッチ対応Ultrabookとして世界最軽量のVAIO Pro 11
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●カーボンファイバー素材を採用、驚くほど軽い
写真3●カーボンファイバー素材を採用、驚くほど軽い
[画像のクリックで拡大表示]

 バッテリー駆動時間は13インチモデル(写真4)、11インチモデルともに8時間を確保。オプションの拡張バッテリー(写真5)を装着することで最大15時間の動作を可能とする。

写真4●13インチモデルでも1.06kgと非常に軽い
写真4●13インチモデルでも1.06kgと非常に軽い
[画像のクリックで拡大表示]
写真5●底面に装着するオプションの拡張バッテリー
写真5●底面に装着するオプションの拡張バッテリー
[画像のクリックで拡大表示]