PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Twitterは現地時間2013年6月5日、公式クライアントアプリケーション「TweetDeck」のアップデートを発表した。Twitter本体に合わせてデザインを変更したほか、新機能を追加して使いやすさを高めた。

 新版では、上部にあったナビゲーションバーを左側に移動した。一番上にツイート投稿ウインドウを開くツイートボタン、その下に検索ウインドウを表示する検索ボタンが配置されている。

 続いてカラムのアイコンが並び、任意のアイコンをクリックすれば、そのカラムにすぐに移動できる。カラムアイコンはスクロールアップ/ダウンが行えるため、多数のカラムがある場合でも簡単に目的のカラムにアクセスできる。また、ドラッグ&ドロップ操作でアイコンの並べ替えも可能。

 カラムアイコンの下には、カラム追加ボタン、サイドバー拡大ボタン、リストボタン、設定ボタンが用意されている。

[発表資料へ]